LINEで送る

都営地下鉄線の走行音


5300形    6300形    10-300形    10-300R形(全廃)    10-000形


5300形 都営5300形 都営5300形
VVVF(GTO)・165KW
VVVF(GTO)・180KW
製造初年:平成3(1991)年

 浅草線の5000形置き換え用に製造された3扉ロングシート車。ここでは前面スカートの小さい5314編成までを初期型、5315編成以降を後期型とする。VVVFでモーター出力は165KW。最終編成(5327F)だけは180KWである。全車GTOだが非同期音が2種類ある。初期型音はC音、後期型音はG音であったが、初期型はソフト変更が行われ、後期型と同じG音となった。現在は全車のソフト変更が完了した。VVVFのメーカーは、三菱のものを基本に、日立、東洋、東芝の共通設計となっている。現在、京急線・京成線・北総鉄道に直通し、三崎口・成田空港・印旛日本医大といった他社の終端駅にまで顔を出している。優等列車運用も多く、幅広く使用されている。かつては三崎口発成田空港行きといった他社の終端駅同士を結んだロングラン運用も存在した。

初期型・ソフト未変更車(消滅)(低音なし・東洋車)
5311-8 普通 印西牧の原 新鎌ヶ谷→西白井 105km/h '05.12.12録音
音(mp3) 2:52 3.94MBCM-S330
近鉄5200系(歯車比1:6.31)の音によく似ています。現在は全車のソフト変更が完了しています。この車両は東洋車です。

初期型・ソフト未変更車(消滅)(低音あり・東洋車)
5311-1 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印西牧の原 105km/h '05.11.22録音
音(mp3) 3:37 4.98MBCM-S330
高速域で京急1500形(チョッパ・東洋車)のような低音が鳴るものがある。低音の有無がどのように分布していたのかは不明。東洋車です。

初期型・ソフト変更車(低音なし・日立車)
5310-1 普通 羽田空港 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 3:57 5.44MBSP-TFB-2
ソフト変更車の非同期音は、後期型と同じ音になった。日立車は、2回めの変調(0:30~0:31)が爆音なのが特徴です。

初期型・ソフト変更車(低音なし・日立車)
5310-1 普通 印旛日本医大 矢切→西白井 105km/h '09.12.17録音
音(mp3) 15:53 21.8MBAT9940
こちらはR-09HR+AT9940での収録です。この日はダイヤが乱れていました。

初期型(ソフト変更車・低音なし・東芝車)
5306-8 普通 印西牧の原 千葉ニュータウン中央→印西牧の原 105km/h '08.12.29録音
音(mp3) 4:14 5.83MBR-09HR
フラットが激しい車両に遭遇しました。初期型の東芝車は、変調時の音が2回とも大きいようですが、この時は1回目がおとなしかったです。

初期型・ソフト変更車(低音あり・東洋車)
5313-1 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印旛日本医大 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 7:42 10.5MBSP-TFB-2
東洋車の走行音。変調の後にそれぞれ「ファン」という音が鳴るのが特徴的(0:19と0:21と0:24付近)。なお、高速域での低音の有無は、インバーターのメーカーとは関係なく、どのように分布しているのか不明。

初期型・ソフト変更車(低音あり・東洋車)
5311-1 普通 印西牧の原 千葉ニュータウン中央→印西牧の原 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 4:32 6.23MBSP-TFB-2
こちらも東洋車の走行音。0:19、0:21、0:24付近では「ファン」という音が鳴ります。

後期型(低音なし・三菱車)
5315-1 普通 西馬込 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 7:11 9.88MBSP-TFB-2
後期型の三菱車の走行音。変調は1回目より2回目のほうが大きいですが、日立車よりはおとなしい感じです。1回目の変調は特におとなしいです。

後期型(低音なし・東芝車)
5322-1 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印旛日本医大 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 3:46 5.18MBSP-TFB-2
後期型の東芝車の走行音。変調は最もおとなしく、1回目も2回目もほぼ同じ大きさです。

後期型(低音あり・三菱車)
5321-1 普通 羽田空港 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 7:16 10.0MBSP-TFB-2
こちらは、高速域で低音が鳴る車両です。初期型同様、低音の有無はインバーターのメーカーとは関係なく、分布は不明です。

後期型(低音あり・三菱車)(回生失効あり)
5321-1 普通 西馬込 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '08.11.14録音
音(mp3) 11:56 16.4MBR-09HR
こちらは、R-09HRでの収録です。小室駅では回生失効しています。

180KW(三菱車)
5327-1 普通 羽田空港 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '09.11.28録音
音(mp3) 4:12 5.77MBAT9940
音自体は165KWの後期型(低音あり)大きな差は変わりません。変調は2回目がかなりの爆音で、日立車に近い感じですが、全体的に音が大きめです。また、高速域の加速がかなり良くなっています。印西牧の原始発の列車での収録で、ストレートに加速していませんが、加速の良さはわかると思います。

このページの一番上へ↑


6300形 都営6300形 都営6300形
VVVF(GTO)・180KW
VVVF(IGBT)・180KW
製造初年:平成5(1993)年

 三田線の6000形置き換えと東急目黒線直通用に製造された4扉ロングシート車。一次車は車端部にクロスシートがある。VVVFでモーター出力は 180KW。初期車はGTO、後期車はIGBTである。ATOのバックアップによるワンマン運転が行われている。臨時列車として横浜高速鉄道にも乗り入れることがある。

GTO
6310-7 急行 日吉 武蔵小山→大岡山 85km/h '13.11.11録音
音(mp3) 3:10 4.37MBSP-TFB-2
京急600形(180KW車・三菱)に似た音です。弱い空調がかかっています。

IGBT
6317-7 各停 西高島平 元住吉→武蔵小杉 90km/h '08.10.29録音
音(mp3) 1:59 2.74MBR-09HR
小田急3000形(180KW車)に似た音です。非同期音は横浜市営地下鉄3000R形ともよく似ています。

このページの一番上へ↑


10-300形 都営10-300形 都営10-300形
VVVF(IGBT)・95KW
製造初年:平成16(2004)年

 老朽化した10-000形初期車の置き換えと、新型ATC対応のため製造された4扉ロングシート車。JR東日本E231系をベースとし設計・新造コスト削減を実現した。足回りは、台車の細部の設計を除きE231系通勤型と同一で三菱製IGBT、主電動機出力は95KW。都営地下鉄としては初めてかつ唯一のTD車となった。JR東日本新津車両製作所製の車両も存在する。当初5M3Tの8両固定編成のみが製造されたが、京王線直通急行が10連化されたため、2010年より一部の編成が10連化されている。10連は6M4T編成だが、増備の過程上1M車が2両組み込まれている。京王線橋本・高尾山口まで直通運転している。10-490F以降はマイナーチェンジ車となり、車体デザインはE233系2000番台に類似、制御装置はE233系通勤型のものと同じものとなり(主電動機・歯車比は従来通り)、非同期音が変わっている。このマイナーチェンジ車は全車が製造時より10両固定編成を組んでおり、1M車は存在しない。

1・2次車
10-481 区間急行 本八幡 橋本→京王多摩センター 100km/h '15.12.16録音
音(YouTube) 10:29 SP-TFB-2
音はドアチャイムも含め、後期に製造されたE231系通勤型(500番台など)と全く同じで、純電気ブレーキも装備されています。南大沢以外の各駅では、車外スピーカーの乗降促進放送が使用されています。

1・2次車
10-451 各停 調布 橋本→京王多摩センター 100km/h '10.8.9録音
音(YouTube) 16:13 DR-2d
10連の列車です。このときは、橋本駅でハプニングがあり、時間がかかっています。回復運転は全く行われていません。ATC化直後で、駅にずいぶん遅い速度で進入していた頃の収録です。

3次車以降
10-531 区間急行 橋本 京王多摩センター→橋本 100km/h '15.12.31録音
音(YouTube) 11:26 SP-TFB-2
非同期音はE233系通勤型と同じ。モーター、歯車比は1・2次車と変わらず95KW、1:7.07で、モーター音は1・2次車と変わらない。りんかい線70-000系更新車(MT73)と同じ音のようです。個体差でしょうが、この車両はモーター音が小さめです。

このページの一番上へ↑


10-300R形
(全廃)
都営10-300R形
電機子チョッパ・165KW
製造初年:
平成16(2004)年(先頭車)
昭和61(1986)年(中間車)

 保安装置の更新に伴い新造する車両の新造コストを削減するため10-000形の中間車を生かし、両先頭車のみ10-300形と同等の車両を新造したもの。中間に組み込まれた10-000形は改番されている。当初は予備車が少なかったこともあり、暫定編成として1次車や2次車の2段窓車も組み込まれたが、次第に3次車以降の車両と交換され、正規編成となった。8連6本が組成され活躍したが、10-300形4次車製造により、2015年から廃車が始まり、2017年2月、最後の1本が廃車となり、全車廃車となった。

中速域低音あり(三菱or日立?)
10-338(廃車) 各停 若葉台 多摩境→若葉台 100km/h '15.11.24録音
音(YouTube) 13:19 SP-TFB-2
元10-158。10-000形の3次車であり、当然10-000形と音は同じです。こちらは、三菱or日立の主電動機と思われる、北総9000形のような2種類の低音が鳴るタイプです。

中速域低音なし(東洋?)
10-321(廃車) 区間急行 橋本 京王多摩センター→橋本 100km/h '15.12.16録音
音(YouTube) 11:33 R-09HR
元10-057(10-000形5次車)。10-000形同様、東洋製の主電動機が使われていると思われる車両は、中速域で名古屋市3000形や小田急9000形のような低音が鳴りません。

このページの一番上へ↑


10-000形 都営10-000形 都営10-000形
電機子チョッパ・165KW
製造初年:
昭和46(1971)年(試作車)
昭和53(1978)年(量産車)

 新宿線開業時から活躍する4扉ロングシート車。都営地下鉄初の電機子チョッパ車である。試作車はかなり前に登場し、長期試験が行われた。前面デザインも異なっている。量産車は長期に渡り増備されたためマイナーチェンジが重ねられている。新宿線への新型ATCが導入による10-300形や先頭車のみ新造の10-300R形の増備に伴い、10-180F以前の先頭車全車と一部の中間車が廃車された。音は2種類ある。1種類目は、千葉ニュータウン鉄道9000形のように、中速域で小田急9000形や名古屋市3000形のような低音、さらに高速域で京急1500形チョッパ東洋車のような低音と、2種類の低音が鳴る。2種類目は、中速域での低音が鳴らずに高速域で京急1500形東洋車のような低音のみが鳴る。起動時はどちらも同じ音である。主電動機は三菱・日立・東洋の3社で製造されているが、名古屋市3000形では三菱と日立があり、どちらも小田急9000形タイプの低音が鳴ることから、小田急9000系タイプの低音が鳴るものが三菱と日立、そうでないものが東洋と考えられます。京王線橋本まで直通運転している。10-300形3次車以降の増備に伴い10-190F以降の編成も廃車が進んでいる。2017年9月現在、残りは僅か2本16両となり、最後の活躍をしている。

中速域低音あり(三菱or日立?)
10-221(廃車) 区間急行 本八幡 橋本→京王多摩センター 100km/h '15.12.31録音
音(YouTube) 10:49 SP-TFB-2
チョッパ音は低め。高速向けの歯車比のためモーター音も低め。こちらは三菱or日立の主電動機と思われる、北総9000形のような2種類の低音が鳴るタイプですが、個体差なのか、やや低音が小さいようです。

中速域低音あり(三菱or日立?)
10-271 区間急行 橋本 京王多摩センター→橋本 100km/h '16.1.29録音
音(YouTube) 11:09 SP-TFB-2
最終増備車である8次車の走行音。チョッパ音・モーター音ともに従来と変わらないようです。三菱or日立の主電動機と思われる、北総9000形のような2種類の低音が鳴るタイプです。車輪交換後のようで、速度の割に音が低めです。

中速域低音なし(東洋?)
10-251(廃車) 各停 調布 橋本→京王多摩センター 100km/h '08.12.1録音
音(YouTube) 10:43 R-09HR
中速域では、小田急9000系のような低音が鳴りません。高速域になると、京急1500形チョッパ東洋車のような低音が鳴ります。この形式は、三菱・日立・東洋製の主電動機が採用されていますが、名古屋市3000形の例などから、三菱と日立は小田急9000形のような低音が鳴ると思われ、この車両は東洋製と思われます。

中速域低音なし(東洋?)
10-248(廃車) 区間急行 橋本 京王多摩センター→橋本 100km/h '15.11.11録音
音(YouTube) 10:53 SP-TFB-2
東洋製と思われる、中速域で名古屋市3000形のような低音の鳴らない車両の、主制御器非搭載の車両での収録です。南大沢駅では、C-2000M空気圧縮機が賑やかです。

このページの一番上へ↑