東武鉄道の走行音動画-電車のモーター音のページ-

東武線の走行音動画


60000系    50090型    50070型    50050型    9050型    10030型    10000型    9000型


60000系 東武60000系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成25(2013)年

 伊勢崎線など、本線で使い古された車両のたまり場と化していた野田線に初めて新製車として直接投入された車両。50000型をベースにした4扉ロングシート車。各扉上部には17インチLCDが設置され、車端部は東京メトロ10000系などにみられるような、貫通扉がガラス張りのものとなっている。足回りも50000型がベースとなっているが、制御装置は改良型となっており、非同期音は50000型とは異なる。この制御装置は10030型VVVF改造車にも使用されている。なお、起動加速度は8000型に合わせて2.23km/h/sと低く抑えられている。現在、6連18本が野田線(アーバンパークライン)のみに在籍し、8000型・10030型と共通運用となっている。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
62605 普通 大宮 岩槻→北大宮 95km/h '19.2.3収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
制御装置は日立製ですが、非同期音は50000型とは異なっています。モーター音は50000型と同じです。車端部の貫通扉は東京メトロ10000系のような、全面ガラス張りのものが採用されています。

このページの一番上へ↑


50090型 東武50090系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成20(2008)年

 東上線の通勤ライナーである「TJライナー」用に製造された車両。ライナー以外に一般の種別の運用もこなせるよう、近鉄L/Cカーでお馴染みのロングシートとクロスシートに転換できる座席を関東では初めて採用した。「TJライナー」とその送り込み列車(快速急行)はクロスシートで、その他の列車はロングシートで運転される。その他の車体・足回り等は他の50000系列と共通だが、本系列から側窓が開閉可能となり、非常換気装置が廃止された。この構造は50050型51061F以降にも採用された。現在10連6本が存在する。当初「TJライナー」は夕刻~夜間の下りのみの運転だったが、現在は朝の上りも設定された。運用は一般運用も含め独立しており、他形式と共通ではない。「TJライナー」の利用は好調で、導入からおよそ10年後、西武鉄道の「S-TRAIN」「拝島ライナー」、京王電鉄の「京王ライナー」、東急電鉄の「Q SEAT」など、似たような列車が各社で登場している。
走行音のページに50090型の走行音があります。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
52091 準急 川越市 和光市→川越市 100km/h '19.2.20収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
準急運用に就く50090型の走行音です。ふじみ野で快速を退避します。和光市~朝霞間はのんびり走りますが、他の区間は全体的にハイペースで走っています。

このページの一番上へ↑


50070型 東武50070系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成19(2007)年

 東京メトロ副都心線開業に伴う運用増に対応して製造された地下鉄直通仕様の4扉ロングシート車。車体は50000型第2編成が基本となっているが、副都心線ホームドアの関係で先頭車の車体長が130mm長くなっている。また、種別・行先表示にフルカラーLEDが使用されている。足回りは50000型、50050型と同じ。現在、10連7本が存在し、9000型・9050型と共通運用となっており、東京メトロ有楽町・副都心線直通運用を中心に使用されている。東急東横線・みなとみらい線にも直通している。
走行音のページに50070型の走行音があります。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
52075 各停 和光市 小竹向原→和光市 80km/h '19.2.14収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
LCD未設置の50070型の地下鉄線内の走行音です。

このページの一番上へ↑


50050型 東武50050系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成17(2005)年

 東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線直通用として製造された4扉ロングシート車。車体は50000型第2編成を基本とし、東急の車両限界に合わせて車体幅が30mm狭くなっている。足回りは50000型と共通。伊勢崎線系統としては初めての10両固定編成で、浅草駅には入線できない。51061F以降は車体が50090型と同一仕様となり、側窓が開閉可能で非常換気装置が非搭載となっている。また、固定窓の51060Fまでの編成も、一部の窓を開閉可能とする改造が行われ、全編成が完了した。現在10連18本が存在し、2本のみ残された30000系と共通運用となっている。
走行音のページに50050型の走行音があります。

空転
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
59060 各停 久喜 中央林間→南町田 85km/h '18.4.25収録
iPhone 7 plus+SP-TFB-2
東武50050型の車内動画です。動画編集ソフトにスタビライズ機能がありますが、あえて使用せず、iPhoneの手振れ補正機能そのままでアップロードしました。弱い雨が降っていたため、つきみ野発車時に若干空転しています。また、空調が動作しています。

このページの一番上へ↑


9050型 東武9050系 東武9050系
VVVF(GTO)・150KW
製造初年:平成6(1994)年

 地下鉄有楽町線の新線池袋開業・西武池袋線直通開始による運用増に対応して製造された地下鉄直通用4扉ロングシート車。車体は9000型第8編成とほぼ同じで、足回りは20050型と同じ。10両編成が2本増備されるにとどまった。主に地下鉄直通系統に使用されるが、ごくまれに東上線池袋に顔を出す運用にも入る。起動加速度は地下鉄直通規格を満たした3.3km/h/sとなっている。現在、東急東横線・みなとみらい線にも直通運転している。
走行音のページに9050型の走行音があります。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9251 各停 和光市 小竹向原→和光市 80km/h '19.2.20収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
9050型の地下鉄線内の走行音です。東洋GTO後期の音が地下に響き渡ります。

このページの一番上へ↑


10030型 東武10030系 東武10030系
界磁チョッパ・140KW
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:
昭和63(1988)年
平成25(2013)年(VVVF機器)

 10000型の増備車。軽量ステンレスを本格採用し、前面はモデルチェンジしたが、制御方式、主電動機は10000型と同一で、併結も可能。分散クーラーを搭載、これのカバーを一体化したものを50番台に区別しているが、形式上は10030型となっている。編成は2、4、6、10両固定があり、4両固定が復活したが8両固定は製造されなかった。なお、2両固定は伊勢崎線系統のみ、10両固定は東上線のみの存在である。現在、伊勢崎線では区間急行、区間準急と久喜~太田間の普通列車を中心に、東上線ではTJライナー以外の全種別に、そのほか野田線でも使用されている。2011年からリニューアル工事が、さらに2013年から一部の編成のVVVF化が行われた。VVVF機器は60000系と同じものが使用されており、歯車比は1:6.53に変更された。
走行音のページに10030型の走行音があります。

チョッパ(未更新車)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
12643 普通 池袋 川越→ふじみ野 90km/h '18.12.20収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
車輪交換後とみられ、隣のクハも含めフラットが全くありません。また、貫通路の扉が全開になっているのですが、連結部が大きな音を立てることもありません。状態が大変良く、上品な走りをする10030型未更新車の車窓動画です。


VVVF
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
12032 普通 池袋 川越市→ふじみ野 95km/h '19.2.1収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
東上線に2編成のみ存在するVVVF改造車の車窓動画です。パッとビジョンとドア開閉表示灯(開閉時に赤く点滅)が設置されています。

このページの一番上へ↑


10000型 東武10000系 東武10000系
界磁チョッパ・140KW
製造初年:昭和58(1983)年

 8000型の後継車として製造された4扉ロングシートの通勤車。車体は9000型類似のステンレス製で、前面は併結を考慮し貫通扉が中央に設置されている。地下鉄直通用の9000型に対しこちらは地上線用ということで、東武では初の界磁チョッパ車となった。2、6、8、10両固定編成が製造されたが、8000型では多く存在する4両固定編成は製造されなかった。現在、8両固定・6両固定と2両固定の全編成が伊勢崎線系統に、10両固定の全編成が東上線に在籍しているが、増備は早々に10030型に移行したため少数派にとどまっている。なお、8両固定と2両固定は一時期東上線に在籍したこともあった。現在、更新工事が進められている。
走行音のページに10000型の走行音があります。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
12005 普通 川越市 柳瀬川→川越市 100km/h '18.12.27収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
未更新の10000系の車窓動画です。この時は、かなりハイペースで走っており、柳瀬川~みずほ台~鶴瀬、ふじみ野~上福岡ではほぼ無惰行運転、新河岸~川越でも国道16号線をアンダーパスする辺りまで加速し続けており、惰行時間が4秒ほどしかありません。

このページの一番上へ↑


9000型 東武9000系 東武9000系
電機子チョッパ・150KW
製造初年:昭和56(1981)年

 地下鉄有楽町線直通用として製造された4扉ロングシート車。地下トンネル内の発熱を抑えるため東武初の電機子チョッパ車となった。車体は東武初のステンレス製である。もともと他車との併結は考えられていないため中央に幌付き貫通路は必要ないことと、乗り入れ先の営団(現東京メトロ)7000系と非常口の位置を揃えたため、前面デザインは左右非対称となった。10両固定編成のみが8編成在籍する。第1編成は試作車の要素が強く、CPやドア開閉装置は8000型と共通で、床は緑色である。最後の第8編成は車体が10030型と共通の軽量ステンレスとなっている。地下鉄直通系統のほか、線内の準急や急行にも使用される。東武では東上線でしか見ることのできない車両である。なお、第2編成以降は副都心線直通対応工事と更新工事が同時に行われ、地下鉄副都心線、東急東横線・みなとみらい線にも直通している。
走行音のページに9000型の走行音があります。

軽いジェット音
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9304 普通 森林公園 ふじみ野→川越市 95km/h '19.2.7収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
軽いジェット音がする9000型の車窓動画です。

このページの一番上へ↑