西武鉄道の走行音動画-電車のモーター音のページ-

西武線の走行音動画


10000系    30000系    6000系    9000系    


10000系 西武10000系
抵抗・150KW
VVVF(IGBT)・135KW
製造初年:
平成5(1993)年(車体)
昭和44(1969)年(機器)
平成15(2003)年(10112F)

 西武鉄道の看板列車、「ニューレッドアロー(NRA)」である。西武新宿線に特急「小江戸」を運転することになり、その列車用に101系の足回りを流用し、車体を新製した車両。のちに池袋線の「ちちぶ」「むさし」に使用されていた初代レッドアロー5000系もこの系列で置き換えることになり、101系と 5000系の足回りを流用、車体は新製された。種車の101系と5000系の足回りは共通であり、抵抗制御でモーター出力は150KW。この機器流用車は 4M3Tの7両固定編成が11本存在し、「小江戸」「ちちぶ」「むさし」として活躍中。音は低音タイプと高音タイプの2種。さらに、平成15年3月のダイヤ改正で「小江戸」が増発されることとなり、1本(第12編成)が増備された。この編成は機器が20000系と共通のIGBT方式のVVVF制御となったが、台車は101系からの流用で、歯車比は1:5.73となっており20000系とはモーター音が異なる。この第12編成は抑速ブレーキ未装備であり、基本的には新宿線で使用されているが、西武秩父に顔を出したこともある。今後、池袋線用は新型車両「Laview」001系に置き換えられることになっている。
走行音のページに10000系の走行音があります。

抵抗(高音タイプ)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
10506 特急
小江戸9号 本川越
高田馬場→本川越 105km/h '18.11.8収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
新宿線を行くNRA抵抗制御車の車窓動画です。モーター音が賑やかです。都立家政駅付近では、「ぐでたまスマイルトレイン」とすれ違います。所沢駅付近では、池袋線の9000系「L-Train」や東京メトロの車両が、さらに本川越駅到着直前には東武東上線の10030系も姿を見せてくれました。

このページの一番上へ↑


30000系 西武30000系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成20(2008)年

 老朽化した新101・301系を置き換えるため製造された4扉ロングシート車で、次世代の西武を担う車両としてプロジェクトチームを立ち上げ、社を挙げて開発に取り組んだ車両。西武では初めて広幅車体を採用した。「スマイルトレイン」と名付けられた丸みを帯びた前面デザインは斬新で独特なものだが、内装は東京メトロ10000系とほぼ同一のものとなっている(カラーリングは東武50070系に類似)。池袋線に乗り入れて来る東京メトロ10000系が乗客に好評だったため、影響を受けたものと思われる。足回りのスペックは、モーター出力165KW、歯車比1:6.21、MT比1:1で加速度は3.3km/h/sと、こちらもメトロ10000系と同一で、制御装置のメーカーこそ違うが、走行音はほぼ同一である。現在10両固定編成、8両固定編成と2両固定編成があり、池袋線・新宿線両線に配置され、活躍中。なお、2013年以降に増備された10両固定編成と8両の38115F以降は、制御装置がマイナーチェンジされ、非同期音が変わっている。
走行音のページに30000系の走行音があります。

後期型
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
30204 快速 池袋 秋津→石神井公園 105km/h '18.9.16収録
iPhone 7 plus+SP-TFB-2
30000系後期型の夜間の快速の車窓動画です。動画はiPhone 7 plusでの収録ですが、標準カメラアプリではなく、FiLMiC Proというアプリで収録しました。画角が若干広がっているように感じます。

このページの一番上へ↑


6000系 西武6000系
VVVF(GTO)・155KW
VVVF(SiC)・170KW
VVVF(IGBT)・190KW
製造初年:平成4(1992)年

 地下鉄有楽町線直通用として製造された4扉ロングシート車。西武では初のステンレス車で、帯の色は青となった。また西武では初のVVVF量産車である。練馬付近の工事の遅れなどでしばらく地上線で使用された関係もあり、最初の7編成は有楽町線用ATC装置を装備せずに登場、直通後に装備する予定だったがしばらくの間装備されず、新宿線に転属し使用されていた。このうち、第3~7編成は地下鉄副都心線直通対応工事を受け、再び池袋線で使用されることになった。第18編成からアルミ車体となり、50番台に区分された。第23編成からは戸袋窓や急行灯が廃止されモノリンク台車を採用するなどマイナーチェンジが加えられている。現在、第1、第2編成が新宿線に、残りは池袋線に配属されている。10両固定編成であることから新宿線では優等列車に、池袋線では地下鉄直通系統のほか地上線の優等列車にも使用されている。なお、加速度は当初西武線内は2.8km/h/s、地下鉄線内は3.3km/h/sであったが、のちに新宿線所属の2編成が3.3km/h/s化された。また、東急線直通に伴い、池袋線所属の編成も3.3km/h/s化された。また、ステンレス車については、ブレーキ空気排気器の50番台と同等品への交換が実施され、新宿線の2編成も含め、全車の交換が完了した。制御装置の老朽化に伴い、足回りの換装が行われることとなった。まず2015年に6157Fが東芝PMSMに、6156Fが三菱SiCに、それぞれ試験的に換装され、運用に入った。このうち、後者のシステムが採用されることとなり、2016年末に換装された6110Fを皮切りに、足回りの換装が進んでいる。前者のシステムは40000系が採用することとなった。
走行音のページに6000系の走行音があります。

三菱SiC
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
6958 各停 新木場 和光市→氷川台 80km/h '18.9.26収録
iPhone 7 plus+SP-TFB-2
三菱SiC車の有楽町線内の走行音です。雨天により地上区間で空転・滑走しています。なお、地下鉄成増駅停車時に、元データに起因する動画の乱れがあります。

このページの一番上へ↑


9000系 西武9000系
抵抗・150KW
VVVF(IGBT)・135KW
製造初年:
平成5(1993)年(車体)
昭和44(1969)年(抵抗機器)
平成16(2004)年(VVVF機器)

 ラッシュの混雑緩和を目指して101系の機器を再利用し新2000系類似の車体を新造した、101系の車体更新車である。4扉車となったことや10両固定編成となったことで、1編成当たりの定員は増加した。機器の老朽化に伴い、全車VVVF化されることとなり、現在全編成が改造工事を終えた。改造車の足回りは、主電動機は20000系と共通だがインバータ装置は20000系の3レベルに対し、こちらは2レベルとなっている。また、歯車比は種車の1:5.73のままなので、非同期音、モーター音とも20000系とは異なる結果となっている。編成も20000系の5M5Tに対しこちらは6M4Tとなっている。なお、抵抗制御車は中空軸平行カルダンだが、VVVF改造時にWN駆動に変更されている。10両固定編成が8本製造されたが、40000系増備に伴い、2017年10月末、9106Fが2000系を差し置いて廃車となった。その後も廃車が進み、2018年3月現在、残った10連5本が池袋線の優等列車を中心に使用されている。なお、5本のうち2本はイベント塗装となっており、オリジナルの黄色い9000系は僅か3本となった。
走行音のページに9000系の走行音があります。

VVVF
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9203 快速 池袋 所沢→練馬 105km/h '18.3.24収録
iPhone 7 plus+SP-TFB-2
夜間の快速の車窓動画です。ひばりヶ丘駅では「ぐでたまスマイルトレイン」が姿を見せます。練馬駅で下車し、列車を見送ります。

このページの一番上へ↑