京王線の走行音動画-電車のモーター音のページ-

京王線の走行音動画


9000系    8000系    7000系   


9000系 京王9000系 京王9000系
VVVF(IGBT)・170KW
製造初年:平成13(2001)年

 6000系置き換え用として製造された4扉ロングシート車。モーター出力は8000系の150KWに対し170KWにアップされた。6000系同様地上線用0番台と地下鉄直通用30番台が存在する。0番台は4M4Tの8両固定編成のみ、30番台は5M5Tの10両固定編成のみが存在している。0番台は、 6000系・7000系2連と併結可能となっている。現在、0番台は京王線内の各停を中心に、30番台は都営新宿線直通運用の他、地上線の運用にも入っている。なお、当初は京王線内では加速度2.5km/h/s、都営新宿線内3.3km/h/sであったが、現在は京王線内でも3.3km/h/sとなっている。
走行音のページに9000系の走行音があります。

0番台
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9006 各停 橋本 京王堀之内→橋本 105km/h '18.12.24収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
相模原線を行く9000系0番台の車窓動画です。0番台の車内は、妻面の窓の存在と化粧板の色、側扉の化粧板と窓の形、側窓が通常のガラスで日よけがある、ドア上にLCDが無いなど、30番台とは異なる点が多いです。


30番台(緩解音異音)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9030 各停 橋本 若葉台→橋本 110km/h '18.12.24収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
快晴の相模原線を行く9000系30番台の車窓動画です。この車両は、緩解音が少しかすれており、小田急3000形や4000形のような緩解音となっています。緩解音が通常のデハ9030の走行音(2013年収録)を走行音のページにて公開しています。


30番台(完全逆光テスト)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
9294 区間急行 本八幡 橋本→京王多摩センター 105km/h '19.1.2収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
朝の列車で、東側を向いて収録したものです。橋本~多摩境では、太陽が完全に映り込みます。補器類を搭載したM2車での収録です。

このページの一番上へ↑


8000系 京王8000系
VVVF(GTO)・150KW
VVVF(IGBT)・150KW
製造初年:平成4(1992)年

 5000系の置き換えと輸送力増強用として製造された地上線用4扉ロングシート車。京王初の量産型VVVF車でモーター出力は150KW。前面デザインは曲面に大窓を配置したスマートなもので、グッドデザイン賞を受賞した。9000系登場後も看板車両としての地位は変わらず、この点は一昔前の5000系と6000系の関係に似ていた(現在は2代目5000系が看板車両となっている)。当初4、6、8両固定編成が製造され、最大10連を組み特急から各停まで幅広く使われ、八王子系統と高尾系統を分割併合する運用や、単独6連の運用、4+4の8連の運用もあった。他の形式と併結することはできない。加速度は、当初は2.5km/h/sであったが、現在は3.3km/h/sとなっている。2013年3月より、8730編成で日立IGBTと東芝PMSMの試験が行われた。なお、6連と4連については、2011年頃から常に併結した10両固定編成として使用されており、中間に入っている先頭車は中間車扱いとなり、形式もクハからサハに変更されている。また、2014年の8703Fから更新が始まり、中間の先頭車は運転台が撤去され、完全な10両固定編成となった。さらに2016年度の更新車からは制御装置の換装も併せて行われ、日立IGBTが採用された。8連についても2016年から制御装置の換装が行われているが、こちらは東芝PMSMが採用された。
走行音のページに8000系の走行音があります。

機器換装車(日立IGBT)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
8009 各停 橋本 若葉台→橋本 110km/h '19.1.13収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
8000系の機器換装車のうち、日立IGBTに換装された車両の車窓動画です。非同期音は東洋IGBTのような音で、変調のタイミングは西武30000系後期型に近いです。全電気ブレーキ対応で、停止直前に非同期音が下がるのが特徴的です。

このページの一番上へ↑


7000系 京王7000系 京王7000系
界磁チョッパ・150KW
VVVF(IGBT)・150KW
製造初年:
昭和59(1984)年
平成16(2004)年(VVVF機器)

 混雑緩和のため製造された地上線用4扉ロングシート車。当初は6000系と同一の足回りで製造され、界磁チョッパ制御、モーター出力は150KW。車体はステンレス車体とし、初期車はコルゲート車体、後期車はビードプレスの軽量ステンレス車体となっている。2001年から更新工事が始まり、帯の色は9000系に準じたものに変更されている。また、2003年からは更新時にVVVF化が合わせて行われた(以前の更新車ものちにVVVF化された)。2、4、6、8、10両固定と多彩な編成があり、幅広く使用されている。当初の計画では、2010年度までに全車のVVVF化を終える予定だったが、改造工事が遅れ、2012年9月をもって最後までチョッパ制御で残った4連1本がVVVF化のため入場し、全車VVVF化を完了した。なお、10連の運用の増加により一部は編成替えされ、コルゲート車体による10両固定編成が出現。この際、改番が発生している。加速度は当初2.5km/h/sであったが、現在は3.3km/h/sとなっている。5000系増備に伴い、2017年から廃車が始まった。
走行音のページに7000系の走行音があります。

VVVF
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
7207 各停 橋本 若葉台→橋本 110km/h '18.12.24収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
快晴の相模原線を行く7000系のコルゲート車体初期車の車窓動画です。この車両は7711Fの中間車デハ7011として1986年3月に製造され、その後編成替え等によりデハ7011→デハ7211→デハ7207と2回の改番が行われています。

このページの一番上へ↑