LINEで送る

駅氏からの頂き物

 駅氏録音の走行音です。無断転載なさらないようお願いいたします。

JR321系 JR321系
VVVF(IGBT)・270KW
製造初年:平成17(2005)年

 近郊型と通勤型の足回りを共通化するというコンセプトで開発された車両。207系の後継車で4扉ロングシートの通勤型。モーター出力は270KWときわめて大きく、歯車比は223系と同じく1:6.53となっている。6M1Tの7両固定編成を組むが、M車はすべて片台車が付随台車となっており、実質3M4Tである。

東芝
モハ320-2 普通 京都 向日町→西大路 100km/h '06.3.21録音
音(mp3) 3:42 1.27MB
非同期音は東芝IGBTの最新タイプ。高速域の音は223系と同じ。

三菱
モハ321-22 普通 須磨 摂津富田→茨木 95km/h '06.3.21録音
音(mp3) 3:39 1.25MB
非同期音は東芝IGBTの最新タイプ。高速域の音は223系と同じ。

東洋
モハ320-31 普通 高槻 千里丘→茨木 110km/h '06.3.21録音
音(mp3) 3:24 982KB
こちらは東洋の走行音。東洋IGBTの標準音。

このページの一番上へ↑


阪神5131形 写真はありません
電機子チョッパ・75KW
製造初年:昭和56(1981)年

 非冷房5231形の代替として24両が製造された電機子チョッパ制御の各停用車両のうち、東芝製の制御装置を用いたものが5131形である。14両が製造され、4連3本と5311形との混結1本が存在する。現在は他のジェットカーと共通運用となっており、本線の各停で使用されている。

5134 普通 高速神戸 杭瀬→大物 90km/h '06.3.26録音
音(mp3) 1:36 566KB
チョッパ音はかなり低い。

このページの一番上へ↑

トップページへ戻る  頂き物館トップへ戻る