LINEで送る

北総・千葉ニュータウン鉄道線の走行音


・千葉ニュータウン鉄道
  9200形    9100形    9000形(全廃)
・北総鉄道
  7500形    7300形    7000形(全廃)    7260形(全廃)    7250形(全廃)    7050形(全廃)


9200形 千葉ニュータウン鉄道9200形
VVVF(IGBT)・125KW
製造初年:平成25(2013)年

 9000形置き換えのため製造された3扉ロングシート車。京成3000形3026編成~と共通設計でとなっている。他の北総車・千葉ニュータウン鉄道車と共通運用で、京急線羽田空港まで直通運転している。

9201-7 普通 羽田空港 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '13.12.23録音
音(YouTube) 7:22 SP-TFB-2
足回りは京成3000形TD車と共通なので音は同じです。

9201-8 普通 羽田空港 印西牧の原→西白井 105km/h '14.11.25録音
音(YouTube) 11:47 SP-TFB-2
雨の日に先頭車で収録したものです。ほんの少しギクシャクする場面もありますが、空転・滑走はほとんどしていません。

このページの一番上へ↑


9100形 千葉ニュータウン鉄道9100系
VVVF(GTO)・130KW
製造初年:平成6(1994)年

 印西牧の原、印旛日本医大開業による輸送力増強のため製造された3扉ロングシート車。車端部にはクロスシートが設置されている。車体は斬新なデザインだが足回りは京成3700・北総7300形と共通で、VVVFインバータ制御、モーター出力は130KW。8連3本が存在し、第1、第2編成はTD駆動、第3編成はWN駆動となっている。所有は千葉ニュータウン鉄道だが管理は北総鉄道が行っており、車体側面の表記も北総鉄道となっている。

TD
9107 普通 印旛日本医大 京成高砂→小室 105km/h '14.12.31録音
音(YouTube) 29:45 SP-TFB-2
足回りは京成3700形と共通なので音は同じで、ドアの開閉音のみ異なっています。

TD
9118 普通 西馬込 白井→新柴又 105km/h '09.11.28録音
音(mp3) 19:37 26.9MBAT9940
特に変わったところはありませんが、こちらはAT9940+R-09HRでの収録です。

WN
9127 普通 印西牧の原 松飛台→千葉ニュータウン中央 105km/h '09.11.6録音
音(YouTube) 15:21 AT9940
第3編成のみがWN駆動となっている。音は京成3700形WN車と同じ。

WN
9127 普通 羽田空港 印旛日本医大→白井 105km/h '13.12.23録音
音(YouTube) 13:11 SP-TFB-2
こちらはSP-TFB-2での収録です。

このページの一番上へ↑


9000形
(全廃)
千葉ニュータウン鉄道9000系
界磁チョッパ・130KW
製造初年:昭和59(1984)年

 旧公団線開業時から活躍する3扉ロングシート車。当初2000形を名乗ったが、高砂開業による都心直通で、直通規則に従って9000形に形式変更された。足回りは、CPや補助電源装置を除き北総7000形と共通で音も同じ。車体は、形状そのものは北総7000形に比べかなりおとなしくなったが、ラインカラーは派手である。界磁チョッパでモーター出力は130KW。8連2本のみの存在で、9100形同様管理は北総鉄道が行っており、他の北総・千葉ニュータウン鉄道各形式と共通運用となっている。9200形製造に伴い、1編成が廃車となった。残る1編成も京成3700形のリース車、9800形導入に伴い2017年3月をもって引退し、全車廃車となった。

9007(廃車) 普通 印西牧の原 大町→印西牧の原 105km/h '09.12.29録音
音(YouTube) 18:21 AT9940
北総7000形と同じ音。速くなると派手な音を立てます。

9017(廃車) 普通 印旛日本医大 小室→印旛日本医大 105km/h '13.12.23録音
音(YouTube) 11:13 SP-TFB-2
SP-TFB-2での収録です。車輪交換後で、速度の割に音が低めです。フラットが発生しています。

9018(廃車) 普通 羽田空港 白井→西白井 95km/h '09.12.29録音
音(mp3) 2:09 2.96MBAT9940
主制御機非搭載の車両での収録です。運転台寄りでの収録です

9018(廃車) 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印旛日本医大 105km/h '11.12.28録音
音(YouTube) 7:36 SP-TFB-2
こちらは連結面寄りでの収録です。SP-TFB-2での収録です。

9018(廃車) 急行 羽田空港 蔵前→東日本橋 65km/h '09.12.29録音
音(mp3) 3:06 4.26MBAT9940
地下区間での走行音です。

このページの一番上へ↑


7500形 北総鉄道7500系
VVVF(IGBT)・125KW
製造初年:平成17(2005)年

 老朽化した7000形を置き換えるため製造された京成3000形と共通設計の通勤車。京成3000形と同様、日車製は東洋製主電動機+TD駆動、東急製が三菱製主電動機+WN駆動となっている。現在3編成があり、第1編成が東急製、第2・第3編成が日車製となっている。

TD
7503-7 普通 印旛日本医大 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '12.12.29録音
音(mp3) 7:12 9.90MBSP-TFB-2
京成3000形TD車と共通設計であり、音はまったく同じです。

TD
7502-8 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印旛日本医大 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 7:35 10.4MBSP-TFB-2
こちらは主制御機非搭載の車両での収録です。

WN
7501-7 普通 印旛日本医大 印西牧の原→印旛日本医大 105km/h '12.12.29録音
音(mp3) 4:00 5.50MBSP-TFB-2
WN車の第1編成の走行音です。

WN
7501-8 普通 羽田空港 印旛日本医大→印西牧の原 105km/h '12.12.29録音
音(mp3) 3:21 4.60MBSP-TFB-2
こちらは主制御機非搭載の車両での収録です。

このページの一番上へ↑


7300形 北総鉄道7300形 北総鉄道7300形
VVVF(GTO)・130KW
製造初年:平成3(1991)年

 高砂開業時に京成線・都営浅草線直通用に製造された京成3700形と共通設計の通勤車。2編成が製造されたが、のちに京成3700形3808編成リースした1編成が、さらに3748編成をリースした1編成が加わり、現在は4編成が存在する。京成3700形同様、TD車とWN車が存在する。

TD
7318 普通 羽田空港 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '08.12.29録音
音(mp3) 7:16 9.99MBR-09HR
主電動機が東洋製のTD駆動車の走行音です。

TD
7308 普通 羽田空港 印旛日本医大→小室 105km/h '08.12.29録音
音(mp3) 10:54 14.9MBR-09HR
こちらもTD駆動車の走行音です。下の7307(WN車)とユニットを組んでいます。ユニット間で駆動方式が異なっている珍しいケースです。

TD
7807 普通 羽田空港 印旛日本医大→印西牧の原 105km/h '10.12.28録音
音(mp3) 3:43 5.12MBDR-2d
こちらはリース車の走行音です。TD駆動車です。

WN
7307 普通 印旛日本医大 印西牧の原→印旛日本医大 105km/h '08.12.29録音
音(mp3) 3:35 4.92MBR-09HR
WN車の走行音です。こちらの主電動機は三菱製(制御装置は東洋製)。高速惰行時に床振動があります。

このページの一番上へ↑


7000形
(全廃)
北総鉄道7000系
界磁チョッパ・130KW
製造初年:昭和54(1979)年

 北総線開業時から活躍した3扉ロングシート車。その独特の前面形状から『げんこつ電車』のニックネームがついた。界磁チョッパ制御でモーター出力は130KW。当初6連であったが、高砂開業時に8連化。京成線・都営浅草線・京浜急行線に直通運転し幅広く使用されたが、7500形増備に伴い2007年3月をもって全車廃車となった。

7004(廃車) 普通 羽田空港 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '05.11.9録音
音(mp3) 3:43 5.12MBCM-S330
起動時は比較的おとなしい音ですが、速くなると派手な音を立てます。

このページの一番上へ↑


7260形
(全廃)
北総7260形
抵抗・100KW
製造初年:昭和43(1968)年

 京成3300形を北総鉄道にリースしたもの。モーターは東洋と三菱の2種。7250形と違い、中間に運転台が入る4連+4連となっている。以前は7250形第2編成となっていたが、近年形式が分けられた。老朽化のため、2015年3月をもって全車廃車となった。代替車は京成3700形3748編成をリースした7818編成ですが、本形式は3月23日に廃車回送、7818編成は翌24日に北総線入りしたため、両者が北総線内で顔を合わせることはなかった。

東洋車
7267(廃車) 普通 印西牧の原 新柴又→北国分 100km/h '10.12.28録音
音(mp3) 4:08 5.68MBDR-2d
元京成3315。旧京成3200形である7250形と音に違いはありません。

東洋車
7267(廃車) 普通 羽田空港 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '11.12.28録音
音(mp3) 4:17 5.89MBSP-TFB-2
こちらはSP-TFB-2での収録です。7266側台車上での収録です。

東洋車
7267(廃車) 普通 羽田空港 印旛日本医大→千葉ニュータウン中央 105km/h '11.12.28録音
音(YouTube) 7:18 SP-TFB-2
こちらもSP-TFB-2での収録です。こちらは7268側台車上での収録です。

東洋車
7268(廃車) 普通 羽田空港 印西牧の原→西白井 105km/h '10.12.28録音
音(mp3) 12:05 16.5MBDR-2d
元京成3316。先頭車での収録です。

東洋車
7268(廃車) 普通 羽田空港 印西牧の原→白井 105km/h '13.11.11録音
音(YouTube) 9:41 SP-TFB-2
こちらも先頭車での収録です。SP-TFBでの収録です。

三菱車
7262(廃車) 普通 印西牧の原 新鎌ヶ谷→千葉ニュータウン中央 105km/h '10.12.28録音
音(YouTube) 10:52 DR-2d
元京成3306。旧京成3200形である7250形と音に違いはありません。

三菱車
7261(廃車) 普通 印旛日本医大 千葉ニュータウン中央→印旛日本医大 105km/h '08.12.29録音
音(mp3) 7:32 10.3MBR-09HR
元京成3305。先頭車での収録です。

三菱車
7261(廃車) 普通 印旛日本医大 京成高砂→新鎌ヶ谷 100km/h '13.11.14録音
音(YouTube) 18:21 SP-TFB-2
こちらも先頭車で、SP-TFB-2の収録です。後位側台車に非常に大きなフラットがあり、先頭側にもよく聞こえてきます。

このページの一番上へ↑


7250形
(全廃)
写真はありません
抵抗・100KW
製造初年:昭和39(1964)年

 京成3200形を北総鉄道にリースしたもの。モーターは東洋と三菱の2種。3200形6連A編成の成田寄り4両とB編成の上野寄り 4両を組み合わせた8両固定編成であったが、老朽化により全車廃車となった。

東洋車(全廃)
7258(廃車) 普通 羽田空港 印西牧の原→千葉ニュータウン中央 105km/h '05.11.22録音
音(mp3) 3:51 5.30MBCM-S330
元京成3224。東洋車は中空軸並行カルダン駆動。高速域の音は7050形とはやや異なっている。

東洋車(全廃)
7258(廃車) 急行 羽田空港 大門→三田 65km/h '05.11.22録音
音(mp3) 2:03 2.82MBCM-S330
地下区間の走行音です。地下鉄線内を走る抵抗制御車も貴重なものになりつつあります。

三菱車(全廃)
7251(廃車) 普通 印旛日本医大 西白井→白井 90km/h '05.12.12録音
音(mp3) 2:09 2.96MBCM-S330
元京成3233。三菱車はWN駆動。7050形三菱車とは低速域の音程が違う。停車時に保安ブレーキを使っています。

三菱車(全廃)
7251(廃車) 普通 印旛日本医大 小室→千葉ニュータウン中央 105km/h '05.12.12録音
音(mp3) 3:24 4.68MBCM-S330
WN特有の床振動は98km/h付近が最も激しく、105km/hではあまり気にならない。車両による個体差もあると思いますが…。

このページの一番上へ↑


7050形
(全廃)
北総鉄道7050形
抵抗・75KW
製造初年:昭和38(1963)年

 京成3050形・3100形の増備車で3扉ロングシート車である3150形を北総開発鉄道にリースしたもの。モーターは東洋と三菱の2種。合計32両がリースされたが常時稼動していたのは2編成16両であり、検査切れの関係などで短期間に何度も編成が入れ換えられた。老朽化により2003年12月をもって全車廃車となった。

東洋車(全廃)
7088(廃車) 特急 印西牧の原 平和島→青物横丁 105km/h '01.4.10録音
音(mp3) 3:09 4.34MBCM-S330
元京成3190。東洋車は中空軸平行カルダン。

三菱車(全廃)
7051(廃車) 特急 印西牧の原 平和島→青物横丁 105km/h '98.11.23録音
音(mp3) 3:19 4.56MBCM-S330
元京成3163。三菱車はWN駆動。立会川駅付近まで加速し続けています。

このページの一番上へ↑