東京メトロ線の走行音動画-電車のモーター音のページ-

東京メトロ線の走行音動画


7000系    8000系    10000系    02系    05系    07系    08系


7000系 東京メトロ7000系 東京メトロ7000系
電機子チョッパ・150KW
VVVF(IGBT)・160KW
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:昭和49(1974)年

 有楽町線用4扉ロングシート車。車体デザインは6000系にそっくりだが、制御装置にはマイナーチェンジが加えられている。当初は5連で製造され、のちに10連化された。また、当初は非冷房であったが、後に冷改。製造当初から冷房付きの編成も存在する。6000系同様チョッパ装置に老朽化に伴い初期の車両から順次VVVF化された。改造時期によりメーカー・仕様が異なり多くのバリエーションが発生している。副都心線開業に伴い対応工事が実施され、帯色は10000系に準じたものに変更された。また、このうち一部は8連化された。なお、副都心線対応対象外の編成と8連化による余剰車は廃車され、現在在籍する7000系は、全車がVVVF車となっている。廃車車両の一部はインドネシアに輸出された。東武東上線・西武池袋線・東急東横線に直通し、幅広く使用されている。なお、最高速度は長らく100km/hであったが、東急東横線直通時に110km/hに変更された。
走行音のページに7000系の走行音があります。

後期車・165KW(三菱)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
7334 各停 和光市 小竹向原→和光市 80km/h '19.1.28収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
7000系後期車の車窓動画です。副都心線対応改造時に8連化され、ドア窓が大窓になりました。俗に言う爆弾ドアの車両で、開扉音が賑やかです。


後期車・165KW(日立)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
7304 各停 和光市 氷川台→和光市 80km/h '19.1.29収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
7000系後期車のうち、編成中に初期車が含まれているものは、側扉のドアが小窓のままとなっています。俗に言う爆弾ドアの車両ですが、この車両は少し元気がありません。

このページの一番上へ↑


8000系 東京メトロ8000系 東京メトロ8000系
電機子チョッパ・160KW
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:昭和56(1981)年

 半蔵門線用4扉ロングシート車。車体は7000系が基本となっているが前面デザインが若干変更されている。足回りは、乗り入れ先の東急田園都市線内の高速運転に対応するためモーター出力をアップし、歯車比も高速向けとなった。当初非冷房であったが後に冷改、製造当初より冷房付きの編成もある。現在、東急田園都市線・東武伊勢崎線・日光線に直通し幅広く使用されており、乗り入れ先では優等列車の運用も多い。チョッパ装置の老朽化に伴い順次VVVF化が進められ、2015年4月、最後まで残ったチョッパ車1編成がVVVF化のため入場し、チョッパ車は姿を消した。
走行音のページに8000系の走行音があります。

初期車・パッとビジョン搭載車
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
8209 各停 中央林間 三軒茶屋→二子玉川 90km/h '19.1.28収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
8000系初期車でパッとビジョンと広告用LCDが設置された車両の車窓動画です。地下区間での収録です。この車両はドアの音が特に大きく、地下駅に爆弾ドアの音が響き渡ります。

このページの一番上へ↑


10000系 東京メトロ10000系 東京メトロ10000系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成18(2006)年

 有楽町線・副都心線用4扉ロングシート車で、東京メトロとしては初めてのオリジナルデザインの新形式車。車体は、内外装とも斬新なデザインで、直通先も含めた多くの利用者の支持を獲得、グッドデザイン賞を受賞した。直通先の西武鉄道が自社の新車30000系に本形式の内装をそっくりコピーしたことはあまりに有名。足回りは新05系165KW車や08系とほぼ同じで三菱製IGBT、モーター出力は165KW。ただし非同期音は08系とは異なっている。当初4編成が先行投入され、有楽町線で営業運転を行った。誘導障害の影響から、登場後しばらくの間西武線には直通していなかったが、2007年1月より直通が開始された。増備計画はたびたび変更となり、最終的に36編成が増備された。現在、有楽町線・副都心線の主力として活躍するほか、東武東上線・西武池袋線・東急東横線に直通し、幅広く使用されている。
走行音のページに10000系の走行音があります。

YouTubeページで再生するには、ここをクリック
10209 各停 新木場 和光市→小竹向原 80km/h '18.12.9収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
10000系初期車(2次車)の車窓動画です。座席は薄く硬く、つり革の高さは標準的です。ドア開閉表示灯もありません。


YouTubeページで再生するには、ここをクリック
10222 各停 新木場 和光市→小竹向原 80km/h '19.1.19収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
2編成のみの10000系3次車の車窓動画です。1つ上で公開している2次車(10209)と車内の細部が異なります。


YouTubeページで再生するには、ここをクリック
10901 各停 新木場 所沢→ひばりヶ丘 100km/h '18.4.17収録
iPhone 7 plus+SP-TFB-2
西武線内の車窓動画です。起動時の衝撃がやや激しく、連結部から大きな音が聞こえます。トップナンバー編成での収録です。

このページの一番上へ↑


02系 東京メトロ02系 東京メトロ02系
電機子チョッパ・120KW
VVVF(IGBT)・120KW
製造初年:昭和63(1988)年

 丸ノ内線の500系など抵抗制御車を置き換えるため製造された18m3扉ロングシート車。6両固定編成が製造され、第19編成までは電機子チョッパ、それ以降はVVVFとして製造された。どちらも足回りは01系と同一。VVVFのメーカーは三菱、日立、東芝の3社。丸ノ内線(池袋~荻窪間)の02系化が完了したのち方南町支線でも02系化が行われることとなり、3両固定編成が製造され、80番台に区分された。足回りは6連VVVF車とほぼ同じだが、MT比を1:1とするため01-180の片台車をT台車とし、1.5M1.5Tとしている。チョッパ車は2009年より順次更新工事が施行され、VVVF化が行われた。主電動機にはPMSMが採用された。また、戸閉め減圧機構も採用され、ドア開閉音も変わった。2014年5月に最後のチョッパ車が更新工事を終え、全車VVVF化が完了した。今後丸ノ内線は昇圧とCBTC導入が予定されており、それに対応した新型車両2000系に置き換えられることとなった。2018年10月に02 148編成が初めての廃車となり、以降廃車が進んでいる。
走行音のページに02系の走行音があります。

VVVF(三菱)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
02 227(廃車) 各駅停車 池袋 茗荷谷→池袋 70km/h '19.1.16収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
三菱車の車窓動画です。パッとビジョンと広告用LCDが設置された車両ですが、ドアチャイムは従来のままで変更はありません。改良が加えられた車両ですが、従来の3色LEDの車両より先に廃車となってしまいました。


VVVF(東芝)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
02 251 各駅停車 池袋 茗荷谷→池袋 70km/h '19.1.9収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
東芝車の車窓動画です。弱い空調がかかっています。

このページの一番上へ↑


05系 東京メトロ05系 東京メトロ05系
電機子チョッパ・160KW
VVVF(GTO)・200KW
VVVF(IGBT)・205KW
製造初年:昭和63(1988)年

 老朽化した東西線5000系を置き換えるため製造された4扉ロングシート車。ここでは前面デザインが変更される前の第24編成までを05系、それ以降を新05系として扱う。第1~13編成までと第15~18編成は電機子(高周波分巻)チョッパでモーター出力は160KW。第14編成はVVVF試作車で、GTOでモーター出力は200KWだったが、2012年の更新時に16000系東芝車と同じ機器に換装された。第19~24編成は06・07系とほぼ共通の機器構成でモーター出力は205KW。第14~18編成はワイドドア車である。チョッパ車は5M5T、VVVF車は4M6T編成を組み、JR中央・総武緩行線、東葉高速鉄道に乗り入れ活躍中。15000系増備に伴い、非ワイドドアのチョッパ車は全車運用を外れ、4本は3連VVVF化され、千代田線北綾瀬支線に転属、その他の車両は廃車となった。廃車車両の一部はインドネシアに輸出された。また、ワイドドアのチョッパ車(第15~18編成)はVVVF化が行われた。2016年7月、チョッパ車最後の1編成がVVVF化のため入場し、チョッパ車は姿を消した。VVVF改造車は16000系東芝車と同じ機器が使われており、歯車比は1:7.79に変更された。その後、VVVF(IGBT)車についても2018年からB修が始まり、機器換装を伴うリニューアルが行われている。
走行音のページに05系の走行音があります。

VVVF(IGBT)(オリジナル車)
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
05 922 各駅停車 三鷹 阿佐ヶ谷→三鷹 95km/h '18.11.15収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
B修未施工のオリジナル車の車窓動画です。JR線内での収録です。この時は、ブレーキングが慎重で、並行して走る中央線快速にどんどん置いて行かれてしまいます。

このページの一番上へ↑


07系 東京メトロ07系
VVVF(IGBT)・205KW
製造初年:平成4(1992)年

 有楽町新線開業・西武池袋線直通に伴う運用増に対応して製造された20m4扉ロングシート車。6本が製造され、7000系と共通運用が組まれ、東武東上線や西武池袋線にも直通した。制御装置は第1、2編成は三菱製、第3~6編成は日立製となっている。なお、副都心線のホームドアに07系の扉位置が合わないことから、日立の4編成は2006年度に東西線に移籍、有楽町線からは撤退した。三菱の2編成は、しばらくの間有楽町線和光検車区で休車となっていたが、2008年夏に東西線転属改造を受け、東西線に転属した。運用は05系と共通運用で、JR中央総武緩行線、東葉高速鉄道にも直通している。三菱の2編成については、登場後すぐに1回目のソフト変更が、東西線転属時に2回目のソフト変更が行われており、非同期音が変わっている。2017年からB修と呼ばれる更新工事が行われ、足回りが16000系4次車以降と共通の三菱製制御装置+PMSMに換装されている。
走行音のページに07系の走行音があります。

日立
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
07 905 各駅停車 三鷹 阿佐ヶ谷→三鷹 95km/h '18.11.20収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
B修未施工のオリジナル車の車窓動画です。ダイヤが乱れていた中央線快速電車に西荻窪手前で追いつき、追い越します。三鷹駅には一本前の中央線電車が停車しています。

このページの一番上へ↑


08系 東京メトロ08系
VVVF(IGBT)・165KW
製造初年:平成15(2003)年

 半蔵門線水天宮前~押上間開業、東武伊勢崎線・日光線直通に対する運用増に対応して製造された4扉ロングシート車。乗り入れ先の東急田園都市線では最高速度110km/hの性能が要求されることと、東武伊勢崎線でも優等列車を中心に使用されることが決まっていたため、足回りの設計思想はそれまでの0系列とはかなり異なるものとなった。それまでの205KW、4M6T編成、歯車比1:7.79から165KW、5M5T、歯車比1:6.21となり、特に高速域の走行性能に重点を置いた設計となった。この足回りは同時期に増備された新05系にも採用された。現在、10両固定編成が6本在籍し、8000系と共通運用が組まれている。
走行音のページに08系の走行音があります。

LCD搭載車
YouTubeページで再生するには、ここをクリック
08 205 各駅停車 中央林間 池尻大橋→つきみ野 90km/h '19.1.29収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
2画面の17インチLCDに更新された08系の車窓動画です。ドアチャイムも変更されています。8000系の後期更新車と同じものが搭載されているようです。足回りに変更はありません。つきみ野で下車し、列車を見送ります。

このページの一番上へ↑