阿武隈急行線の走行音-電車のモーター音のページ

阿武隈急行線の走行音


8100系


8100系 阿武隈急行8100系 阿武隈急行8100系
サイリスタ位相・120KW
製造初年:昭和63(1988)年

 阿武隈急行線電化開業時から活躍する2扉セミクロスシート車。JR九州の713系をベースにワンマン設備や耐寒設備を追加し製造された。足回りはMT61主電動機で歯車比は1:5.6である。発電制動や回生ブレーキは無い。JR東北本線仙台まで直通運転している。老朽化に伴い、今後はE721系ベースのAB900系に置き換えられる予定となっている。

AM8111 普通 梁川 南仙台→名取 95km/h '02.1.1録音
音(mp3) 2:55 2.67MBCM-S330
主電動機はMT61だが歯車比は1:5.6で201系と同じ。モーターの音程も201系と同じ。電制はない。

このページの一番上へ↑